トピックスTOPICS

TOP > トピックス一覧 > 詳細

トピックスTOPICS

2017.06.28
セミナー・シンポジウムなどーJMA日本能率協会様 東京しごと財団様 公益財団法人兵庫県人権啓発協会様 他

<2017年6月28日>
 東京医科大学医学部看護学科にて、2年生対象のキャリアガイダンスで「キャリアデザインとは何か」と題してお話させていただく機会をいただきました。将来看護師として仕事をしていく学生の皆さんとグループワークや個別ワークを通じて長期的なキャリアを考える視点についてともに考えることができました。貴重な機会をありがとうございました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<2017年6月23日>
 公益財団法人 東京しごと財団主催の平成29年度企業向けセミナーにて「障害者雇用で会社を“変える”」をテーマにお話させていただきました。少子高齢化が進む中で、人手不足が進行すると予想されます。働く意欲と能力のある労働者は視点を変えるとまだまだ潜在化しています。障害のある方の仕事能力を生かしていく発想をお伝えできればと思っています。貴重な機会をいただきありがとうございました。



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<2017年6月22日>
 武蔵野大学武蔵野キャンパスにて開催されました、多摩地区大学就職研究会(多摩地区18大学の教職員による研究会)にて「障害差別解消法」に基づく学生支援(就業支援)の取組み-「合理的配慮」の提供を進めるためにー と題してお話する機会をいただきました。学生と保護者に対する対応のアプローチについてお話するとともに情報を共有させていただきました。キャリア支援の最前線で活躍される皆様と情報交換することができました。ありがとうございました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<2017年4月25日>
 独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構障害者職業総合センターにて、平成29年4月採用の新規採用職員である障害者職業カウンセラー補の皆さんに平成29年度厚生労働大臣指定講習(前期合同講習)で「雇用管理論・障害者の雇用管理」についてお話させていただきました。全国にある地域障害者職業センターで職業カウンセラーとして障害者雇用のための企業と障害のある労働者の支援の専門家としてご活躍される日を楽しみにしております。ともに学べましたことを感謝しております。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<2017年3月13日・14日>
 日本能率協会にて、JMAダイバーシティ推進シリーズ―障がい者の採用と社内でのコミュニケーションを学ぶ―『障がい者と共に働く職場づくりセミナー』講師をさせていただきました。

 障害者雇用の現状と法制度のポイント、障害の特性、地域のサポート機関、障害者雇用の事例紹介、採用時のキーワードを紹介しながらグループワークで、参加企業の実情に合致した仕事と人材のマッチングを検討し、議論しました。午後は、「こんなときどうする?」をキーワードに労務管理の視点からケース検討を行いました。さらに、平成28年4月から施行された「差別禁止・合理的配慮提供」についても採用から定着に至るプロセスについて事例をもとに検討しました。

 このテーマに関心のあるメーカー・エネルギー産業・小売業・重工業商社、情報サービスといった企業の人事・総務担当の方々にご参加いただき、自社の実情に即したケース検討と活発な議論が行われ、わたくし自身も大いに刺激をいただきました。ありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------------------------------

<2017年1月30日>
公益財団法人兵庫県人権啓発協会様にて平成28年度企業経営者人権啓発セミナー『企業の社会的責任と人権~障害者差別解消法への対応~』をテーマに講演させていただきました。企業の皆様のこのテーマに関するご見識の高さに大変刺激をいただきました。講演後の休憩時間などに多くのご質問をいただき学ばせていただきました。啓発ビデオ『風の匂い』は現状を描きだしながら、共生社会実現のために必要な視点を提供してくれます。多くの方に見ていただきたい作品です。公益財団法人兵庫県人権啓発協会の皆様、参加者の皆様ありがとうございました。


----------------------------------------------------------------------------------------------
<2016年11月15日>
 茨城県立境特別支援学校様にて平成28年度の第1回 教育研究会研修会『障害者の力をいかすマネジメント』をテーマに講演させていただきました。保護者の皆様、教職員の皆様“さかとくサポーター”として組織されている実習等にご協力いただいている企業様も多数ご出席されていらして境特別支援学校のお力を感じました。大森校長先生をはじめ教職員の皆様、お声をかけてくださいました森先生、誠にありがとうございました。


----------------------------------------------------------------------------------------------

<2016年10月28日>
 有楽町朝日スクエア(有楽町マリオン11階)にて、NPO法人NECST様が主催するNECSTワーキングフェスタ2016 若者×発達障害×仕事 ”働く”を考えるセミナー&パネルディスカッションにパネリストとして参加させていただきました。関心が高いテーマだけに活発な議論が展開されました。
【NECSTワーキングフェスタ2016 若者×発達障害×仕事 ”働く”を考えるセミナー&パネルディスカッション】
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
<2016年9月6日>
 神奈川県が主催する障害者の雇用を促進するフォーラムである産業人材育成フォーラム「取り組もう障害者雇用! ~精神障害者とともに働く~」にパネリストとして参加させていただきました。黒岩知事の熱いメッセージや長年丁寧にお仕事をされてきたことが拝見できる表彰された障害のある労働者の方に感銘を受けました。熱心に参加してくださいました参加者の皆様ありがとうございました。 【産業人材フォーラム】


----------------------------------------------------------------------
<2016年7月28日>
上伊那圏域障害者総合支援センター きらりあ様のお招きで基調講演とシンポジウムのパネリストを以下のテーマでさせていただきました。遠方からいらしてくださいました方も多数いらして、感謝いたします。ありがとうございました。

基調講演
『働きがいのある職場にむけて合理的配慮を考える』



シンポジウム
『それぞれの立場から合理的配慮を語る』~教育・福祉・労働・権利擁護~


-----------------------------------------------------------------
<2016年3月22日・23日>
 今年もJMA:日本能率協会様にて、-障がい者の採用と社内でのコミュニケーションを学ぶ-障がい者と共に働く職場づくりセミナーをさせていただきました。商社・製薬・メーカー・人材派遣など幅広い業種の企業様にご参加いただきました。4月1日から義務化されます差別禁止・合理的配慮提供を具体的にどのように雇用管理に展開するのか、事例を提示してお話させていただきました。実際の現場で役立てていただけましたら幸いです。

【-障がい者の採用と社内でのコミュニケーションを学ぶ-障がい者と共に働く職場づくりセミナー】

-------------------------------------------------------------------------------
<2016年2月3日>
 長野県自立支援協議会就労支援部会様のお招きで「職場定着と戦力化(働きがいのある仕事配置)に向けて合理的配慮を考える」というタイトルで合理的配慮についてお話させていただきました。

 長野県の障がい者支援課、労働政策課、長野労働局、県内の就業・生活支援センター、移行支援事業者など長野県で障害者雇用に関わる関係者の皆様が遠くは飯田市(長野市まで3時間!)からも出席され、熱心な議論が行われました。長野県の就労に関わる自立支援の仕組みや取り組みを伺うことができ、勉強になりました。皆様ありがとうございました。
-------------------------------------------------------------------------------
<2016年1月20日>
 公益財団法人東京しごと財団主催(共催:東京都産業労働局、 後援:東京労働局)「企業に求められる合理的配慮について考える」中小企業向け障害者雇用セミナー にて、「企業に期待される合理的配慮 職場定着と戦力化のためのマネジメント」というタイトルでお話させていただきました。

 当日は100社をこえる企業の皆様がお集りになり、4月1日の法律の施行に向けて関心の高さがうかがわれました。毎日新聞の取材もいただき、2月8日の朝刊の「はたらく」で取り上げていただきました。多くの皆様に多様な人材の戦力化のために必要な配慮について興味をもっていただき、ありがとうございました。

【企業に求められる合理的配慮について考える】


-------------------------------------------------------------------------------
<2015年12月20日>
 日本職業リハビリテーション学会関東ブロックにて「高等教育機関在籍の発達障害者への就労支援を考える」第二回ブロック研究会が2015年12月20日(日)目黒区立青少年プラザで行われました。

「教育現場が抱える現状と課題」と題して、障害のある就労に困難を抱える学生の特徴、大学での支援体制の現状と初学年からの介入や就労体験の提供の必要性などについてお話させていただきました。また以下の講師の方々のお話は大変勉強になりました。

東京都発達障害者支援センター[tosca]センター長 山﨑順子氏

株式会社ゼネラルパートナーズ 新卒グループ 渡辺千尋氏

株式会社ゼネラルパートナーズ いそひと・LinkBe大手町 野田明子氏

48名の参加者があり(会場の関係ですいぶんお断りするかたちになったようです))うち学会員は9名で、大学職員の方など学会員以外の方の参加が多く、この問題について大学関係者の関心の高さが伺われました。

ページ上部へ移動